美容外科と整形外科の違いって?

美容外科と整形外科の違いについて



二つの医療の違い

「美容外科」における手術のことを、しばしば「整形手術」と言うことから、「整形外科」と混同されることが多いですが、この二つはまったく異なる医療分野でもあります。身体の運動に関する治療である「整形外科」とは違い、「美容外科」は身体の表面の器官の形状修正治療を行います。これは「形成外科」の一分野に含まれています。「形成外科」は、身体の表面や形を対象とした病気を扱う医療分野です。先天性の異常や怪我などを扱う治療分野であり、火傷治療などもこの中に含まれます。悪性腫瘍を切り取った後の、皮膚や組織の欠損を治療するのも、この「形成外科」の対象範囲です。

医者「美容外科」は、健康保険の適用外です。自費治療であることから、治療費の設定は基本的に病院側に委ねられます。美しくなりたいというニーズが高まっていることもあり、しばしば高額な治療費が必要になる治療でもあります。

一方、「整形外科」は基本的には医療保険の対象内で受けることが出来るため、状態にもよりますが、必要になる費用はまったく違ったものと言えるでしょう

また、「美容外科」は医師の資格を保有している者であれば、たとえ専門外であったとしても標榜出来ることもあり、他科医が参入しやすいのも、「整形外科」との大きな違いのひとつとなっています。

整形外科の特徴は?

「整形外科」とは、骨や関節などの分野を対象とした治療を行う、臨床医学の一分野です。骨肉腫や関節炎、骨折などの治療は「整形外科」の分野となっています。外科分野における比重は大きく、時にはリウマチや形成外科の技術と合わせて治療に携わっていく場合もあります。

「美容外科」の手術を「整形手術」と言う呼び方が一般化されてきたため、この「整形外科」と混同される場合が多くなっていますが、直接的な関係はない別分野の臨床医療です。

院内始まりは、1780年にジャン・アンドレ・ベネルによる病院の設立であるとされています。当時、子どもの骨格異常を扱っていました。またその後、オランダ軍医であったアンドレ・マセチンが石膏でギプスを行っていることも、整形外科の重要な一歴史として知られています。アンドレ・マセチンの軍医としての経歴を見るように、整形外科の歴史は、各地の戦争による外傷治療と共に発展してきた部分が非常に強く、時代ごとの医療工夫を見受けられる分野でもあります。

現在日本国内では公益社団法人「日本整形外科学会」が発足しており、広く大学病院や一般病院、開業医などによる治療が行われています。医療分野としてもニーズが高い分野であり、技術と知識を学ぶ医療学生も増加しています。

美容外科の特徴は?

「美容外科」は、1978年に治療かとして認可されたことから始まりました。この前進は1966年に設立ざた「日本美容整形学会」。認可を受けてからは、「日本美容外科学会」となりました。この「美容外科」とは、目や鼻、顔面や皮膚などのパーツの形状、これに起因する精神的な負担を軽減あるいは除去出来る効果を考えて、より美しくすることを目的とした臨床医学の一分野なのです

顔誰しもが生まれつき授かった身体ではありますが、そこに様々なコンプレックスを抱いてしまう人がいるのもまた事実です。美容外科にくる人は、決して病人ではありませんし、怪我人でもありません。しかし、美容外科の施術によって美しくなり、コンプレックスを解消することで、より明るく伸び伸びと人生を生きていける可能性を目指してやってくる人たちでもあります。時代が進むにつれてニーズも高まり、治療を希望する人も増え、専門的に技術を学ぶ医師も増加して来ました。現在では、「日本美容外科医医師会」も発足しています。以前は厚生省の肝いりで「日本美容医療協会」が発足しましたが、不参加が相次いでしまったため、満を持しての創立となったのです。これからもニーズが増していくであろう重要な分野となっています。

関連サイト>>>美容外科 札幌

美容外科と整形外科

「美容外科」と「整形外科」。どちらも耳にしたことはあるでしょう。しかし、その違いをしっかり説明してほしいと言われたら、あなたはどうしますか?どちらがどういうものなのか、明確な違いを交えてしっかりと説明することが出来るでしょうか。なんとなくニュアンスで理解したような気持ちになってしまっている人歯は、実は決して少なくないのです。実際に利用してみるまで、その違いを理解していなかったという人もたくさんいます。

お花「美容外科」の定義は、身体の各パーツの形状について、これに起因する精神的な負担を軽減したり、除去効果を考慮したりして、より美しく形成することを目的とする臨床医学の分野です。ようするに、身体の表面部位を、精神的なデメリット回避のために美しくするのです。

対して「整形外科」とは、骨や関節などの分野を対象とする、臨床医学の分野です。骨肉腫や骨折、関節炎の治療は、整形外科の分野です。

こうして聞くと、この二つはまったく違う分野であると感じるでしょう。双方どちらとも臨床医学の一分野ではありますが、目的としているところも、対象とするものも、ニーズもまったく別のところにあります。しかし、これらを定義するものがきちんと知られていない風潮により、美容医療界での競合乱立や、患者からのクレームなども時折発生してしまっています。というのも、それぞれの学会の存在や、医療保険の対象であるか否か、治療費の設定の自由など、様々な違いがあるからです。当サイトでは、このようにして美容外科と整形外科の違いについて解説します。